便秘解消イメージ

痙攣性便秘ってどんな方法で便秘解消するの?

痙攣性便秘とは、ストレスによって腸の運動が止まってしまい、なかなか排便ができない症状のことを言います。
この、痙攣性便秘を中心にしっかり便秘解消するには、次のことを実践すると良いでしょう。

1、朝にしっかりカーテンを開けて日光を浴びる。
これは朝に日光を浴びることで、眠っていた体がしっかり目覚めてくれる働きがあります。
それによって朝のもやもやストレス気分から解消され、体だけでなく、自律神経がしっかり動いてくれます。
すると、痙攣性便秘を解消できるということもあります。
まずは、カーテンを開けて日光を取り入れながら、ある程度からだが起きたら散歩等をするようにすると、さらに体が目覚めてくれます。

では、実際曇りだったらどうすれば良いのでしょうか。
天気は曇りでも外の光を吸収することによって、体の抵抗力を強めることができます。
すると、気分がリフレッシュし、体も完全に起こすと朝の排便もしっかり出てくれるでしょう。

2、水溶性食物繊維をとる。
食物繊維の中には水溶性のものがあり、水になじむような食物繊維のことを言います。
水溶性のものをとることによって、体内のかちこちになった便などをやわらかくできる効果があります。
よく「食物繊維」と言われているのは、野菜や1部の果物ですが、それは不溶性食物繊維で、逆に便を固めてしまう働きがあるものもあります。
それとは違って水溶性食物繊維は果物や海草などに含まれています。
そこで通常の食事に果物と海藻を増やした形で食事をとっておくと効果抜群です。
海草類はみそ汁などに入れることができるのでオススメです。

3、刺激物は避ける
実際、わさびやキムチ、七味唐辛子などの香辛料をとるのはあまりよくないと言われています。
基本的に刺激物は腸を刺激して余計な負担を腸にかけてしまい、寝ている間もお腹が休まらないという状況を招く場合があります。
すると痙攣性便秘も悪化してしまうのでなるべく避けるようにすると良いでしょう。