便秘解消イメージ

温めて対応する温湿布での便秘解消

便秘になりやすいのは、比較的お腹が冷えやすくなっている人に多いと言われています。
というのも、お腹が冷えてしまうと腸の回路が鈍くなってしまい、なかなか腸が動かずに食物が停滞してしまいます。
食物を停滞しないようにするためには、まずお腹をあっためることが大切です。

お腹をあっためるために必要なアイテムとして、カイロや湯たんぽなどがありますが、カイロはやはり直接貼ると肌がかぶれてしまい、合う人と合わない人がいます。
特に湯たんぽだとレンジであっためたり、お湯をいれなければいけなくてなかなか外で使えないのが不都合な点です。

しかし、こんなときには温湿布を使うと良いでしょう。
特に一番良いのはただの傷みを緩和するような湿布を利用するのではなく、ミント系のにおいのするものを腰やお腹に当てることによって便秘が解消されると言われています。
ミント系の成分は、リラックス効果をもたらし、疲れた胃の調子を整えたり、たまった腸内のガスを外に排出するという便秘解消する作用を持っています。

これを「メンタ湿布」と言い、家で手作りできるのも魅力です。
ぜひつくって家でゆっくりしているときにお腹にあててみると良いでしょう。
それでは作り方をご紹介します。

まず、沸騰させたお湯に、ドラッグストアなどで売っているハッカの油を少量入れてよく混ぜてください。
そこへタオルをつけてしぼるだけ。
とても簡単ですよね。
しぼるときもしっかり固くしぼっておくと良いです。
もちろん、直接肌にあてたときに濡れたりやけどをしないように、ビニール袋で包むことも忘れないでください。
最後にこれを乾いたタオルでくるんで、お腹にあてて1時間くらい様子を見て、またつけ込んだりしてください。
レンジであっためれば何度も液は利用できます。
ハッカの香りがリラックス効果をもたらし、かなりスカッとするので、気分もリフレッシュできます。

便秘の症状以外にも体内の循環をよくするために体温の上昇を促進させたり、腸内がガスでいっぱいにならないようにガス抜きの作用があり、これを継続しておこなうことで、毎日自然にトイレに行きたい・・・と思うようになります。
これは湿布の効果ですぐにお腹があったまりますし、自宅でも手軽につくることが出来ますので、是非活用してください。