便秘解消イメージ

まずは便秘の種類を把握して便秘解消を目指そう

便秘にはいろいろな種類があり、それによって対策も変わってきます。
大きく分けて、腸の運動機能が低下して起こる機能性のものと、何らかのストレスなどが原因で消化不良になり、便秘がちになるという習慣性のものがあります。
私たちがよく悩んでいる慢性のものの大半は機能性便秘と言われているので、これらの便秘解消をすると毎日の生活がかなり楽なものになることは間違いないでしょう。
機能性便秘の代表的なものとしては弛緩性のものやけいれん性のもの、直腸性のものがあります。

直腸性便秘ってなに?
直腸に便がたまって、基本的に排便を促すのが通常の動きではありますが、便が到達してもうまく排便できないために、肛門で便が詰まってしまい、なかなかでないという症状があります。
これは、残便感もとても強くなり、お腹が苦しいだけでなく、だんだん痛くなってきます。
そして便も大変硬いので、あまりいきみ過ぎるとお尻が切れてしまうので注意してください。

弛緩性便秘ってなに?
腸の周りの筋肉基本的には収縮して排便を促すのですが、食べ物が入ってこないために筋肉が働いてくれず、なかなか排便がない・・・というときにおこるのが弛緩性のものです。
主にこれは水分が足りないということが考えられます。
どうしても女性はなかなか水分を取らないので、水分が腸に過剰に吸収されて便秘となってしまいます。
こうなってしまう原因は水分不足だけでなく、食物繊維の摂取不足も大きいので、便秘解消のためにまずは野菜を食べるようにしましょう。
そしてごぼうや大根など、食物繊維を多く摂取するようにするとこのタイプは解消されていきます。
この便秘は基本的に腸が動けば解消されるので、よく売っている市販の下剤でよくなる場合もあります。

けいれん性便秘ってなに?
けいれん性のものは基本的に、ガスがお腹の中にたまってしまい排便がないケースのことを言います。
ガスがうまく排出されないために、お腹に食物もたまっていってしまうのです。
このガスは基本的にストレスの関与から生まれてしまうので、まずはストレスを解消しましょう。
また、お腹を冷やさず、しっかり水分をとることを徹底するとガスもしっかり緩和されていきます。
お腹がはっていることによって、これがお腹ぽっこりの原因にもなるので、しっかりガス抜きをすると良いでしょう。