便秘解消イメージ

便秘解消で腹式呼吸が大人気

便秘の際、さまざまな薬やサプリメントを使いたくなるものですが、あまりそういうものに頼ってしまうと、体のバランスが悪くなってしまいます。
そんな体の調子を整えながら、腸内環境を整える方法をご紹介します。
それは複式呼吸をすることです。
腹式呼吸と排便はあまり関係ないと言われがちですが、実は便秘はストレスにとても敏感です。
ストレスを減らすためには、まず呼吸から整えることが大切です。

腹式呼吸は、酸素を体の中に行き渡らせる効果だけでなく、自律神経にかかわる身体の様々な機能をコントロールしています。
この腹式呼吸をすることによって、酸素がしっかりお腹の中に入り込み、詰まった便を外に出してくれようとします。
腹式呼吸をすることによってゆったり落ち着いた気持ちになることができます。
「リラックス状態」を作ることによって、ストレスから来る習慣性便秘を改善することができます。

それでは、便秘解消する腹式呼吸の方法をご紹介します。
1、まず立っていても寝ていても良いので、お腹を力強くへこませて、息を深く吸い込みます。
2、あまり強く吸い込まないようにして、半分くらい力を入れたら止めて、そして次に全力で力を入れてとめます
3、ゆっくり吐いていきます。

その後は普通に呼吸をしてください。
力を適度に入れて、大きく息を吸うことが大切です。
お腹の中にしっかり食物がたまっているので、腸の中から食べ物を押し出すような感覚で普通より少し多めに空気を吸い込むと良いです。
そして、しっかりお手洗いにいくときも、座りながら腹式呼吸をすると良いです。

後は、暇なときもそれを1日10回程度繰り返すことによってだんだん緊張状態から解放され、しっかりした排便が出るようになります。
気持ちに余裕がないと、治るものもなかなか治らないので、ぜひあまり焦らずしっかり腹式呼吸を私生活に取り入れて便秘解消に努めましょう。
あまり考えすぎず、生活にもゆとりを持つことが大切です。