便秘解消イメージ

便秘解消対応って軽く腹筋するだけでも対応可

便秘解消をするために、運動って関係あるのかな?とりあえずたくさんご飯を食べれば便が押し出されて便秘が解消するかな!と思っている方意外に多いのではないでしょうか。
実は、この解釈は間違っているのです。

便秘を解消するためには、ぜひ軽い腹筋をすると良いでしょう。
http://vintagediggs.com/にもかいてありますが、軽い腹筋をすることによって、便秘が解消されるためには下腹部に力をいれることが大切になってきます。

下半身に力を入れることによって腸が動いて排便を促してくれるということです。
便を促す部分は主にS状結腸にあると言われており、それは腹筋によって動くと言われています。
腹筋の仕方は簡単。
通常の腹筋でも良いのですが、通常のものだと毎日続けようとするときつくてなかなか続かないということもありますよね。
そんなときは、寝そべった状態で足を少しまげ、集中的に下腹部に力を入れましょう。
そのとき、徐々に入れるのではなくピンポイントで力を入れるように素早くやると良いです。
また、力を入れるときに、下腹部を床から離すようにして、お腹の力でバランスを保つようにすると良いです。
これを下腹部トレーニングと言い、ダイエットにも効果があります。
たるみやすいと言われている下腹の腹横筋というところに力を入れることによって、やせにくい下腹部がひきしまってくるのです。

もう一つの腹筋の方法は寝たまま、足を上にあげ、下におろすのですが床にかかとをつけないようにお腹で止めるということです。
これは意外にきついのですが1人でもできますし、背筋をしっかり伸ばして足を上に上げていくと効果があります。
常に下腹部に力を入れることを考え、ピンポイントで力を入れて腸に働きかけることによって危機感をもった腸はだんだん動き出すようになります。
足をおろすときに、体の中心をしっかり保てるように体の中心に力を入れていくことをおすすめします。

以上の2つの運動を朝晩1回ずつやることによって確実に効果が出て行きます。
ぜひ諦めずにまずは2週間続けてみましょう。
そして、だんだん続いてくるようになったら少しずつ便秘は解消されているはずです。