便秘解消イメージ

食事性便秘の状態を改善するための方法

食事性便秘とは、食物繊維をとらないことによって腸を動かそうとする働きがなかなか生まれず、腸の動きがストップしてしまって便秘になってしまうということを言います。
そもそも腸は食べ物がはいるとしっかり動いてくれるのですが、ダイエットなどをしていてまったくご飯を食べていないという人にもこの症状があてはまります。

便が出ても小さくてコロコロしている。
堅い便しかでない、という方は腸の動きがにぶっている証拠です。
これを食事性便秘http://www.veganplate.com/と言い、食事によって便通がかなり変わってくるということです。
それでは、どのようにして便秘解消すればよいのでしょうか。

まず原因である食物繊維をとらない、ということから起こる腸の動きが低下するという症状については、食物繊維のある野菜をとると良いです。
特にごぼうのサラダやきんぴらごぼうなどは作りやすいので週に何回かとるようにすると良いでしょう。
また、食物繊維を多く含む食物としてきのこや海藻類、豆類にも多いので煮物にしていくと良いです。
煮物はさまざまな野菜を入れることができるだけでなく、大豆やえんどうまめも入れることができますし、昆布などを入れることもできます。
普段の食事にプラスしていくだけで便秘解消になるのです。

次に、ダイエットなどをしていてどうしても食事をとりたくない・・・という方いらっしゃるのではないでしょうか。
そんなときは水分だけとっていて、体の外に便を押し出すだけの食物も腸にない場合が多いです。
そんなときは、まずカロリーの低い食物繊維の食べ物を食べるようにします。
先述しましたが、まずはごぼうはカロリーが低い食物と言われているのでぜひ食べてください。
さらに、納豆もおすすめ。
にんにくの場合はそのまま食べなくても大丈夫なものです。
つまり、さまざまな料理に入れることができるので、にんにく風味のイタリアンや日本料理などをつくると良いでしょう。
特にオリーブオイルなどを使ったものにはにんにくがよくあいます。
以上の2点を気を付けると便秘が解消されていきます。
今まで偏食をしていた方は、バランスの良い食生活を心がけることで便秘解消http://www.militarygolfcourseguide.com/syokseikatu.htmlが期待できるでしょう。