便秘解消イメージ

習慣性便秘を解消したい場合はどうしたらいい?

習慣性便秘というのもあまり聞かない便秘だと思います。
習慣性便秘とは、便が腸のなかに進入したときに便意が起こらないためにお腹に便が詰まってしまうことを言います。
そもそも腸に便がたまってくると、直腸の壁が徐々にのびていって、もう伸びない!という極限までになると便が出るところを刺激してくれます。
その刺激で便意が起こって便が出るようになるのです。
しかし、せっかく便意がおこっても水分をとらなかったりして便が出ないような仕組みを作ってしまったり、便意をこらえて我慢してしまうと便意がなくなってしまいます。
便意がなくなるとそれによって、便がたまりやすくなるだけでなく、我慢の回数が多くなればなるほど腸が刺激にしっかり反応しなくなってしまいます。
刺激がなくなってしまうことによって、便が入っても便意が起こらないために便秘につながってしまうのです。
この便秘のことを習慣性便秘ということができます。

では、この習慣性便秘解消するためにできることは2つあります。
1つ目はしっかり排便のサインがあったらトイレに行って排便をすることです。
それが電車のなかであろうと仕事中であろうと、しっかり出してあげることが大切です。
2つ目は便がつまらないような仕組みをつくることです。
便がつまらないようにするためには、しっかり水分をとって便をやわらかくしてあげます。
やわらかくしてあげることによって少しの隙間でも便が押し出されれば、腸の中を傷つけずスムーズに便が外に出るようになります。
便がかたければかたいほど、腸の中を傷つけながら押し出されていく形になるので、水分をしっかりとればうまく便がやわらかくなってくれます。

習慣性の便秘解決をするためには、以上のことをやるだけでなく、しっかりした食事をとったりして無理なダイエットをしないことも大切です。
食物が入ってこないと排便も起きませんから、上から入ってこないのに便はなかなか出てくれません。
よって詰まる原因にもなってしまうのです。
ストレスhttp://www.thespectatorsports.com/をためることも便秘の原因の一つと言われていますので、定期的にストレスを発散できるように何か趣味を作るのも良い手だと思います。